血中中性脂肪と内臓脂肪に良い特定保健用食品のイマークSとは?

血中中性脂肪と内臓脂肪に良い特定保健用食品のイマークSとは?

健康診断で中性脂肪の数値が高いと指摘される方もいらっしゃいますが、そういう方は内臓脂肪も気になるのではないでしょうか?
こちらでは、中性脂肪や内臓脂肪に良いとされる特定保健用食品イマークSについてご紹介します。

▼ヒト試験で血中中性脂肪を低下させる作用を実証済み!▼ イマークS>>イマークSの詳細はこちらから<<

イマークSの特徴・商品紹介

イマークSの特徴・商品紹介

イマークSとはいったいどのような商品なのでしょうか?

EPAとDHAとは?

よくEPA(エイコサペンタエン酸)DHA(ドコサヘキサエン酸)は番組などで取り上げられることもありますが、どのような成分なのでしょうか?

人の体では作る事ができない成分で、必須脂肪酸の一つに数えられ、主にイワシアジなどの青魚にたくさん含まれています。
青魚は健康に良いというのは、この2つの成分が豊富だからだと言われているのです。

イマークには、EPAが600mgDHAが260mg配合されているので、効率的に摂取でき、血中中性脂肪を下げる効果が期待できるでしょう。
血中中性脂肪が下がれば、内臓脂肪もおのずと減っていくかもしれません。

青魚を毎日食べてEPAとDHAを取るのは大変ですが、イマークSなら100mlドリンクを1日1本飲めばいいので簡単です。
イマークSでEPAとDHAを飲んで、内臓脂肪を減らしましょう。

脂肪を減らす試験結果

イマークSは、血中中性脂肪が気になる方に最適なドリンクとして、注目されていますが、試験結果を見ると、その効果が明らかだという人も多いです。
試験では、男性61名、女性40名に毎日イマークSを飲んでもらいました。

4週間から12週間摂取した人のグラフを見ると、多くの方が飲み始めて4週目までに血中中性脂肪が下がり始め、12週間飲み続けた人の多くが血中中性脂肪値を約20%低下させるという結果になりました。

この結果からも判るように、イマークSは、血中中性脂肪値を下げ内臓脂肪にも効果的だという事が判ったのです。
イマークSは、カロリーも26kcalと少ないですし、味もヨーグルト風味で飲みやすくなっています。
毎日、1本飲んでも飽きないおいしさだと試験では好評でした。

飲み方

イマークSは、1本100mlのドリンクで血中中性脂肪や内臓脂肪が気になる方におすすめですが、飲み方はどうするのでしょうか?
イマークSの公式ホームページ等を見ても、いつ飲んだ方が良いとは書いていません。
1日1本自分の好きなタイミングで飲むことができるのです。

しかし、せっかくイマークSを飲むなら効果的な飲み方で飲みたいという人もいるでしょう。
そういう人におすすめなのが、空腹時に飲む事です。

EPAやDHAが体に吸収されやすいのが空腹時なので、お腹が空いている時にイマークSを飲んでみてください。
EPAやDHAの吸収率が高まり、更に効果的になるかもしれません。

人によっては、朝起きてすぐに飲む方もいらっしゃいますし、日中の空腹時に飲む人もいます。
自分のタイミングで良いので、1日1本続けてみましょう。

EPAの効果

EPAは、血液を健康に保つ血液サラサラ効果があるという事で、様々な血液関係の病気予防に効果的だと言われている成分です。
EPAは、摂取する事によって血流が良くなり、余分な脂肪などを外へ排出しやすくしてくれます。

中性脂肪は血液によって運ばれ体の様々な所へ留まるのですが、内臓にとどまると内臓脂肪、場所によっては皮下脂肪となってしまうのです。
つまり、血液中の中性脂肪がどんどんEPAによって流されれば、体内に留まらず、体外へ排出されやすくなります

また、脂肪の吸収をしっかり抑えてくれるので、体に溜めこまなくなるのです。
EPAの働きで体肪吸収を抑え、排出するから内臓脂肪も減っていくのかもしれません。
イマークSならEPAが600mg配合されていて効率的に摂取できるのでおすすめです。

注意したい点は?

イマークSは、内臓脂肪を減らす効果が期待できるヨーグルト風味のドリンクですが、飲み方などに注意点はあるのでしょうか?

まず、イマークSには原材料に大豆が含まれています。
その為、大豆アレルギーがある方は飲まないようにしましょう。
アレルギー症状が出る可能性があるので注意してください。

また、イマークSを飲んでかゆみや発疹などが出た人は、飲むのを中止しましょう。
稀に体に合わない人がいらっしゃいます。

イマークSは、冷暗所で保存してください、開封したらすぐに飲んで長く放置しないでください。
薬を服用している人は、医師に相談してからイマークSを飲むようにした方が良いです。

イマークSは、1日100mlを1本飲むと記載されています。
これ以上の本数を飲んだからと言って、急激にダイエット効果が高まるようなことはありません。
決められた本数以上を飲むと、体に変調を起こしてしまう事があるので注意しましょう。

特定保健用食品について

特定保健用食品について

イマークSは、特定保健用食品ですが、特定保健用食品とはどういったものを指すのでしょうか?
食品の中には、一般的な食品の他に健康機能成分を含み健康機能を助ける働きがあるものが存在します。
特定保健用食品とは、健康機能食品の一種で、消費者庁から機能表示を認可された食品なのです。

イマークSは、特定保健用食品なので、飲むことによって血中中性脂肪値が下がるという事を表示して良いドリンクと言って良いでしょう。
一般的なサプリと比べてもイマークSならば、国が表示を認めたドリンクだから信頼性も高く、安心して購入する事ができるのです。

血中中性脂肪値で悩んでいる、内臓脂肪を少しでも減らしたいという人は、イマークSを試してみてください。

イマークSを飲むなら食事の質も変えよう!

イマークSを飲むなら食事の質も変えよう!

イマークSは、1日1本飲むだけで、EPAとDHAの働きで血中中性脂肪や内臓脂肪を減らす効果が期待できますが、せっかく飲むなら食事の質も変えた方が良いです。
なぜなら、イマークSを飲むだけだと、内臓脂肪を減らすのに時間がかかってしまいます

内臓脂肪が付きやすい人は、お肉や油もの、ファストフードを好んで食べられ、野菜の摂取量が少ない人が多いのです。
このような食生活を続けていると、せっかくイマークSを飲んでも効果が出るまでに時間がかかってしまう可能性があります。

早く血中中性脂肪値を下げて内臓脂肪を何とかしたいという方は、イマークSを飲むのはもちろんですが、食事の質も変えるようにしましょう。
ただ、肉や油ものを食べないだけではなく、野菜をできるだけ食べるように工夫しましょう。
サラダばかりではなく、緑黄色野菜豆腐を使った料理もおすすめです。

内臓脂肪が減り、健康的な体を手に入れることができますので、イマークSと野菜食を続けてみてください。

▼ヒト試験で血中中性脂肪を低下させる作用を実証済み!▼ イマークS>>イマークSの詳細はこちらから<<

内臓脂肪下げる方法【漢方】【サプリ&ドリンク】

関連記事

機能性表示食品スリムフォーは内臓脂肪を減らすことができるの?

機能性表示食品スリムフォーは内臓脂肪を減らすことができるの?

ヘルスマネージ大麦青葉青汁<キトサン>は美味しい内臓脂肪サプリ

「大正キトサン」はLDL(悪玉)コレステロールを低下させる働きのトクホの美味しい...

シボヘールは体重や脂肪、ウエスト周囲径を減らす内臓脂肪サプリ

内臓脂肪サプリ「シボヘール」なら1日4粒で気になるお腹周りがスッキリ!

デュアスラリアは燃やして抑える新感覚の内臓脂肪サプリ

デュアスラリアは燃やして抑える新感覚の内臓脂肪サプリ