内臓脂肪を減らす運動は?有酸素と無酸素の運動の違いと運動法まとめ

内臓脂肪を減らす運動は?有酸素と無酸素の運動の違いと運動法まとめ

内臓脂肪を減らすには、運動も必要だと言われていますが、どんな運動が最も効果的なのでしょうか?
よく言われる有酸素運動無酸素運動にもまとめてみました。
今回は、有酸素運動や無酸素運動の違い、室内でできる運動方法などをご紹介します。

内臓脂肪を減らす効果の期待できる運動

内臓脂肪を減らす効果の期待できる運動

内臓脂肪を減らすには、有酸素運動無酸素運動を行うと良いと言われる事が多いですが、そもそも有酸素運動、無酸素運動とはどのようなものなのでしょうか?

それぞれの違いが判る事で内臓脂肪に効果的な運動ができるようになりますので、どんな運動を実践するか参考にしてください。

有酸素運動とは?

有酸素運動は、規則的な繰り返しがある比較的軽い運動の事で、しっかり呼吸をしながら時間をかけて細胞に酸素を送る全身運動です。
脂肪や糖質を酸素によってエネルギーに変え消費するので、脂肪燃焼効果が高い運動方法だと言われています。

内臓脂肪にも効果的で有酸素運動のエネルギーは皮下脂肪より内臓脂肪から使われる事が多く、血行も良くなる為、脂肪燃焼だけではなく様々な健康効果が期待できる運動です。

無酸素運動とは?

無酸素運動は、呼吸をほとんど止めて激しい運動を一気に行う方法です。
筋グリコーゲンなどをエネルギーにし、酸素をほとんど使わず短時間で強度の高い動きをする為、脂肪や糖質は使いません

その為、内臓脂肪を減らすなら有酸素運動をした方が良いという話が広まりましたが、無酸素運動を行ってから有酸素運動をすると内臓脂肪を減らす効果がアップするという事が判ってきました。

無酸素運動と有酸素運動を組み合わせた運動が脂肪燃焼効果を高めるというのが通説になっています。

今、話題になっているダイエットジムなどでは、有酸素運動だけではなく無酸素運動と交互に行う事で脂肪燃焼効果を高めているのです。
つまり、内臓脂肪を減らすために運動するならば、有酸素運動と無酸素運動をどちらも行う必要があります

有酸素運動、無酸素運動それぞれおすすめの運動

有酸素運動、無酸素運動それぞれおすすめの運動

有酸素運動と無酸素運動は、内臓脂肪を減らすのに効果的ですが、それぞれ運動をあまりしていない人でも始めやすい、おすすめの運動があります。
どのような運動があるのかご紹介しますので試してみましょう。

有酸素運動:ウォーキング、ランニング、水泳、踏み台運動

有酸素運動は難しく考えず、散歩するだけでも有酸素運動になります。
軽度から中度の運動ですので、高齢者の方にもおすすめです。
今まで、ほとんど体を動かしたことが無いという人でも有酸素運動は始めやすいでしょう。

例えば、ランニングも短い距離から始めることができます。
踏み台運動も有酸素運動ですが、ご自宅に踏み台が無ければ、階段を利用して踏み台運動をしても良いです。
水泳は、いきなり泳ぐのではなく、水中ウォーキングから始めても良いでしょう。

無酸素運動:筋トレ全般、スクワット、ダッシュ

無酸素運動は、スクワットやダッシュ意外だと器具を使って行う筋トレが主流です。
体に負荷をかけて、重い物を持ち上げたり、筋肉を使ったりする運動になります。
無酸素運動では、酸素を使わず運動する事が多く、一気にエネルギーを使いますが、内臓脂肪が減るというわけではありません。

しかし、無酸素運動をすることによって筋肉が発達し、基礎代謝がアップするので、無酸素運動をしてから有酸素運動をすると相乗効果で脂肪燃焼効果が高まります
最近では、無酸素運動と有酸素運動を組み合わせた、様々な運動でダイエットや内臓脂肪を減らす取り組みがされています。
スクワット等は、いつでも、どこでもできるので、時間を見つけて試してみるのも良いでしょう。

室内でできる運動方法

室内でできる運動方法

ダイエットで行われる様々な運動を有酸素運動無酸素運動有酸素運動+無酸素運動の3つのカテゴリーがあります。
その中でも室内でできる運動方法をまとめてみました。

室内でできる有酸素運動

室内でできる有酸素運動には次のようなものがありますが、ホットヨガなどは専用施設でないとできません。
自宅で簡単にできる様な運動もありますので試してみてください。

踏み台運動
狭い場所や会談でも有酸素運動ができます。
ストレッチ
呼吸をしながら、筋肉を伸ばすなど体を柔軟にする動きをします。
ヨガ
動画を見ながら行うと始めやすい運動で、体の柔軟性を高め、脂肪燃焼効果もアップします。
ランニングマシン
ランニングマシンは、スポーツジムなど大型のものが主流ですが、家庭用の小型ものもあり、室内で雨の日でもランニングする事ができます。
エアロビクス
エアロビクスは、動画を見ながら自宅で行う事もできますし、スポーツジムなどではスタジオでインストラクターの動きを見ながら行います。
有酸素運動の中でもかなりハードなので、初めての方は初心者用のエアロビから始めましょう。
ホットヨガ
ホットヨガは、ご自宅で行うのは難しいので、ホットヨガスタジオで行ってください。
室温40℃の部屋で水分を取りながらヨガを行います。
発汗効果がとても高い為、内臓脂肪を減らすにはかなり効果的な運動です。

室内でできる無酸素運動

スロースクワット
筋トレをしたいけど、器具などが買えないとか、部屋が狭くて器具が置けないという人はスロースクワットがおすすめです。
ゆっくりとしたスクワットなので腰も傷めにくいでしょう。
腕立て伏せ
寝そべる程度の広さの床があればできます。
腕の筋肉を鍛えるだけではなくウエストにも効果的なので内臓脂肪を減らすにはおすすめです。
腹筋
腹筋も同じくウエストに筋肉が付き、内臓脂肪が減りやすい無酸素運動です。
ダンベル
ダンベルをわざわざ買わなくてもペットボトルを代用して筋トレができます。
腕の筋肉を付けるだけではなく工夫すれば足の筋肉を付けるにも利用できます。

室内でできる有酸素運動+無酸素運動

サーキットトレーニング
私が一押しするのがサーキットトレーニングです。
サーキットトレーニングは、器具で筋トレしながら、間に有酸素運動が入る運動方法になります。
約30分の運動で、かなりの脂肪燃焼効果があります。
ダイエットジム
ダイエットジムでは、個々にトレーナーがつきっきりで筋トレや有酸素運動を組み合わせてトレーニングします。
個人に合わせたメニューで運動する為、運動効率はかなり良いです。

内臓脂肪を減らすにはどんな運動が良い?

内臓脂肪を減らすにはどんな運動が良い?

内臓脂肪を減らすためには、有酸素運動を行うのが一番手っ取り早いです。
ただし、脂肪燃焼効果をしっかり上げないと、ダラダラ運動しても効率的ではありません。
有酸素運動だけではなく、無酸素運動も取り入れて、基礎代謝を上げ、運動してない時も脂肪を燃やせる体質に変えていきましょう。

その為には、筋トレなどで、体の脂肪を筋肉に変えなければなりません
この過程で、かなり体重が落ちます。

私の場合だと、サーキットトレーニングをやりだして2週間で5kg体重が落ちました。
今まで全く運動をしていなかったので、体力も無く毎年夏バテで参っていましたが、体の調子も良いし、風も引きにくくなったのです。

有酸素運動や無酸素運動をすることで、内臓脂肪がへるだけではなく、体力がついたり、お肌がキレイになったり、様々な効果が期待できます。

例えば、ウォーキングをする前に少しスクワットを行ってから歩くだけでも脂肪燃焼効果がかわってきます。
どちらの運動も同じくらいすると、更に相乗効果が期待できますので、慣れるまで大変ですが続けてみましょう。

内臓脂肪を減らす運動の注意点とポイント

内臓脂肪を減らす運動の注意点とポイント

特に運動を余りやったことの無い人が、いきなりハードな運動を行うと、筋肉痛足がつるなど体に変調が起こるだけではなく、ケガをすることもあります。
内臓脂肪を減らすためとはいえ、足腰を傷めては何にもなりません。
まずは、毎日、運動を続けるという事を目標に内臓脂肪を減らす運動に取り組むようにしましょう。

私の場合、様々なダイエット方法を試してみましたが、痩せはするものの、リバウンドして更に体重が増えるという結果を繰り返しました。
このままではいけないと思い、色々調べて有酸素運動と無酸素運動を交互に行う運動に出会ったのです。

ここでの注意点が、運動は自分の体調に合わせて行う事、短時間で効率的に運動することです。
長くダラダラしても疲れるだけですので、短い時間に集中して運動するようにしましょう。
また、運動だけではなく食事の改善も同時に行う事で内臓脂肪は劇的に減ります。
運動+食事で健康的に内臓脂肪を減らしましょう

内臓脂肪下げる方法【漢方】【サプリ&ドリンク】

関連記事

内臓脂肪を減らす飲み物と増やす飲み物とは?徹底比較

内臓脂肪を減らす飲み物と増やす飲み物とは?徹底比較

内臓脂肪を食事で減らすならヨーグルト?一緒に取りたい食品とは?

内臓脂肪を食事で減らすならヨーグルト?一緒に取りたい食品とは?

内臓脂肪の落とし方として効果的な飲み物は?

内臓脂肪の落とし方として効果的な飲み物は?

特定保健用食品、トクホのお茶で内臓脂肪を撃退

特定保健用食品、トクホのお茶で内臓脂肪を撃退

ファスティングなど食事でできる内臓脂肪の落とし方とは

ファスティングなど食事でできる内臓脂肪の落とし方とは

内臓脂肪の落とし方と睡眠の質との関係が明らかに

内臓脂肪の落とし方と睡眠の質との関係が明らかに